ネットショップを始める前にフリマやオークションサイトで実験しよう

意外と難しい価格の付け方

ネットショップを始めたくていそいそとレンタルサーバーを借りたものの、意外と悩んでしまうのが価格の付け方です。
相場がいくらくらいなのか、どれくらいの価格を付ければ売れるのかなど、考え出すときりがありません。
そこでネットショップの準備として、商品をフリマやオークションに出してみましょう。
例えばオークションでは、同じジャンルの商品がいくらくらいで落札されるのかがよく分かります。
またフリマでも、かなり安価で価格を付けている人が多い中で、試行として希望価格を付けて売ってみましょう。それで売れれば、通販でもその価格で売れるはずです。仕入れ商品でもハンドメイド品でも、ほかの出店ブースも見て回って、価格の付け方を参考にすると良いですね。

どの商品が売れ筋なの?

ネットショップを始めるにあたって、扱う商品を張り切って揃えるでしょう。けれどもその中でどの商品が売れ筋なのかは、売ってみないと分かりません。
商品を発注するにしろ量産するにしろ、売れ筋ではない物をたくさん仕入れては損をしてしまいますよね。
そこでまずはフリマやオークションサイトで、試行販売をしてみましょう。
フリマに売りたい物を持って行けば、どの商品を手に取る人が多いか、どれがよく売れるかなどが一目瞭然に分かります。
オークションサイトでも何品か出品して、管理人ページでアクセス数を見れば、どの商品へのアクセスやウオッチが多いかが分かるでしょう。
まずはフリマやオークションで売れ筋を把握して、上手に商品管理をしていきたいものですね。

ホームページ制作が可能なソフトとして、テキストエディタとWEBオーサリングツールがあります。パソコンに付属しているものから、別途有料で入手できるソフトまで、多様に存在しています。